中部地方の庭一覧

楯ヶ崎(たてがさき)

京都御苑内の京都御所池庭、仙洞御所池庭、閑院宮邸跡池庭のそれぞれの水際に黒い玉石が敷き詰められ、渚の風景が表現されている。どこの風景を切り取...

松阪城

歴戦の武将、蒲生氏郷が築城したので易経「42風雷益(ふうらいえき)益する道」のような、戦機、商機を捉えることの大切さを表現した風貌となってい...

赤井家住宅

河内源氏の赤井直義(1570年~1653年)子孫の住宅跡。1610年(慶長15年)直義は藤堂高虎に仕え1000石を賜り足軽大将として大阪の役...

旧長谷川治郎兵衛家

庭石や石灯籠を通し聖地を遥拝する祈りの武家庭園とは違い、母屋の裏庭(大正座敷庭園)は遥拝を重視せず、茶会の道具と割り切った潔さにあふれている...

津城

藤堂高虎が築城した郡山城、宇和島城、大洲城、篠山城、伊賀上野城の見学を経て、いずれも平時において自城を使い軍事演習していた。将兵を鍛えること...

伊賀上野城

大阪の陣の最中にも築城が続き、大阪夏の陣の終了と共に築城をストップさせられたためか戦いの匂いがする。連戦連勝の武将、藤堂高虎にふさわしい敵を...

名張藤堂家邸跡

西日が差し込んでくる方角の西側の山を借景とし、逆光の西日を室内に取り込まなければ鑑賞できない庭は少ない。中奥から逆光方角の山を眺める庭を作っ...

本興寺(湖西)

(京都)勧修寺の庭池を小さくしたような雰囲気がある。庭上空に神の通り道があり、神に降臨してもらい、遊んでもらえるよう小堀遠州が庭を作ったと読...

長楽寺(浜松)

光岩山の山裾にある寺だが、気賀関所の監理者、(旗本)気賀近藤家の別宅跡で、貴重な上段の間が残されている。上段の間から小堀遠州作の回遊式庭園(...

龍潭寺(浜松)

本堂裏に息を飲むほどに美しい遥拝庭園が展開している。遥拝場所は2箇所、一つは井伊直助が座った書院(庫裏奥)席、もう一つは心字池の岸側に一つだ...