南禅寺 方丈庭園

小堀遠州「虎の児渡し」方丈庭園

南向きの白砂が太陽光を反射し方丈内を照らす庭だが、白砂は真っ白ではない。空の青色、借景の東山の樹木の緑を引きたてる灰色を含んだ白色砂、方丈庭園を囲む築地塀も白壁ではなく、格式高い5本筋が入った青みを帯びた壁となっている。これらにて青空と、距離の近い東山の樹木の緑を鮮やかに見せる。青色の築地塀の上辺、銀灰色の瓦の上に頭を出すハクモクレン、西側の法堂、東南側の本坊の流線形の屋根、そして東山が借景となっている。春はハクモクレンの白い花が楽しめる。東山とその上空の青空、雲が広い視界の中に流れている。借景庭園は簡単構造の基本通り樹木も少なくマツ、ツバキ、カエデ、サツキ、ナンテンが最小限に植栽されている。少ない樹木だが季節感を感じさせる配慮がされている。方丈庭園の大小6個の石にて親虎と子虎を表現している。虎は他の子虎も大切にする、虎の児渡しのように客人を肉親のように思い、大切に接する意を表現している。人を暖かく包み込んでくれる心地よい庭である。この庭を前に長時間座り鑑賞する人が多いのもその心地よさによるものだろう。しかし、単にこの技法だけを真似し築庭してもここまで美しく、心地よくなるはずがない。築庭技術の上に遥拝と思想とが加えられているので美しく見え、心地よくなるはずだ。本坊、方丈の東面は静岡の久能山東照宮をピッタリ遥拝する方向に建てられている。久能山東照宮を起点とし方丈庭園まで伸ばした線を三門、勅使門中心へ伸ばし、池の石橋の中央を通過させ、西に伸ばし続けると朝鮮半島、釜山の西南、巨済島に至る。巨済島は対馬との海上交通の要衝であり、古来、朝鮮半島と日本列島の往来は巨済島と対馬島にて行われてきた。虎を模した大小6個の庭石は久能山東照宮を背にして巨済島を見つめており、対馬海峡西水道(朝鮮海峡)を通って巨済島に向おうとしている。南方向について、本坊、方丈の南面は神功皇后陵をピッタリ遥拝する方向に建てられている。神功皇后は応神天皇の母で、朝鮮半島に出兵し新羅を降伏させ、高句麗・百済にも朝貢を約束させ、三韓征伐を成功させた。三韓征伐の帰途、対馬で新羅を鎮めた証として旗八流を上県郡峰町に納めた。それに由来し海神神社(江戸時代までは八幡神を祀る木坂八幡宮)が創設された。1635年(寛永12年)対馬藩で起きた柳川の一件が幕府の手で解決されるが、朝鮮外交に不可欠の漢文知識に精通し、人脈を持っていた柳川調興らを追放してしまった。そこで幕府は漢文知識に精通している臨済宗の僧侶を朝鮮修文職に任じ対馬に派遣し外交文書作成や使節の応接、貿易の監視などを行わせることにした。外交、貿易の交渉は対岸の釜山の倭館において行っていたが日朝貿易の拡大で1607年からあった1万坪の豆毛浦倭館が手狭となり、1678年、10万坪の草梁倭館へ移転した。現在の釜山市は草梁倭館で勤務した対馬人の貿易業務から発展を開始した。南禅寺は臨済宗全体を統括していた。前回、金地院の記事で書いたが南禅寺の各建屋が遥拝している先、及び上記の歴史を総括すると、南禅寺は徳川幕府の意向を李朝朝鮮に伝える外交機関であり、日朝貿易の監視者だった。方丈庭園はその状況を画いたと読んだ。先ほど述べた久能山東照宮-南禅寺-巨済島の遥拝線に沿い、虎を表現した大小6個の石は巨済島に向け並べられているが、それらの石と苔面にて九州側の海上から見た対馬の景色を表現したと推測した。庭の一番左側の大きな石は下島にある対馬最高峰の矢立山(海抜648.4m)、その右側の石は下島北側の白嶽(海抜518m)、更に右側の石は上島の御嶽(海抜479m)だと推測した。その他の石は上島、下島以外の小さな島々、一番右端の小さな石、もしくはその石の更に右側のサツキの刈込は朝鮮半島まで直線距離で40㎞の国境の島、海栗島を表現したものだろう。苔面が築地塀に沿って西に伸びている。苔面の先、庭の右端、築地塀の隅にある5個のサツキの刈込は対馬から見た巨済島を表現したものだと思う。白砂は九州側からみた対馬海峡を表現している。遠近の関係で白砂上の模様が庭の左(対馬の下島)から右(上島)に向かって進んでいる。

九州と対馬は白砂の対馬海峡で隔てられているが、対馬島と巨済島とは築地塀沿いの苔面でつながっている。対馬海峡西水道(朝鮮海峡)において両島は貿易、外交でつながっていることを表現したと思った。小堀遠州の流儀は綺麗な形から入るので、方丈・本坊の南正面を、日朝関係を良好な関係とした神功皇后陵を遥拝する向きにし、方丈・本坊の東の正面を徳川幕府の根源である久能山東照宮を遥拝する向きにし、その反対側の西正面に巨済島を見据え、更に三門・勅使門の西正面に巨済島を見据えている。久能山東照宮を起点とした線を方丈庭園・法堂・三門・勅使門・池の石橋の中央を貫かせ、巨済島に到達させている。そして、方丈庭園に久能山東照宮からやって来たように見せた親子の虎石を配し巨済島へ向かうような情景を作っている。虎石で対馬を模した風景を作った。庭から対馬藩と草梁倭館との関係を学べる情景を作っている。朝鮮修文職に任じられ対馬に赴任する臨済宗の僧侶は、赴任直前にこの庭を見せられ、すでに徳川幕府が派遣した虎が対馬に渡っていることを学び、自らが置かれている立場を理解し気を引き締めたことだろう。江戸時代、東山はアカマツ林だった。江戸時代の借景は今以上に美しかったことだろう。松林の間を通って来た風は香しいことだろう。