楽々荘

爽やかな沢庭

和館、洋館など創建当初の建屋は愛宕山山頂に向き愛宕山を遥拝している。庭は愛宕山を借景としている。現在は周囲にビルが建ち並び愛宕山及び庭を取り囲む山々が十分に見えなくなり、更に庭の一部を潰し旅館建屋を建てたので、和館、洋館側から庭と愛宕山を見るより、池の方から和館、洋館を見た方が美しい。ただし洋館のバルコニーから愛宕山が見えるポイントのみが創建当初の美しさが垣間見られ、愛宕山遥拝庭を感じることができる。楽々荘は瑠璃光院を建てた田中源太郎が自身の生家を改築し築庭したもので、瑠璃光院が山中の陰の庭とすれば、こちらは沢池を庭の中心に配する陽の庭。深く掘り込んだ沢池が愛宕山を高く見せ、愛宕山を水源とする聖水が枯山水の泉から沢池に流れ込む主旨となっている。実際の水源は建屋近くの手洗い鉢と沢池の中に置かれた川水の排水口からなる。手洗い鉢に注がれた水が沢を通って沢池に注がれている。池の中の排水口から大量の川水が注がれている。そのため池の水は澄んでいて沢池となっている。沢と沢池を易経下卦の沢と見做し、上掛に天(空)、沢(突然のにわか雨をもたらす雲)、火(太陽)、雷、風、水(雨雲)、山(愛宕山)、地(芝面)を当てはめると、相国寺方丈裏庭園の記事で述べたような象意が楽しめる。相国寺方丈裏庭園は排水性抜群の掘り込みの枯河だったので易経の沢を下卦として確定できたが、こちらの沢池には水が貯えられているので下卦を沢ではなく水と見做されるおそれがあるが、それを防ぐため池自身が淀むことのない流水となっていて、池をあくまで沢と見做し、爽やかな沢を下卦とする庭にまとめている。七代目小川治兵衛(植治)が作庭した庭のすべてを見た訳ではないので断定はできないが、植治の基本は清水が流れる沢を基本とし、沢の上空を広く取り気象変化による易象の変化を無意識の内に楽しませるところに有ると思う。爽やかな沢庭は心を洗ってくれる。本来の庭はこの爽やかさに愛宕神社のある愛宕山遥拝が加えられていたので、もっと重厚なものだったはずだ。今は、周囲のビルの林立で借景の愛宕山が影を潜め、愛宕山遥拝が薄れてしまったので、爽やかさが強調された庭となっていた。