旧小河家別邸(三木市)

当別邸は三木山の緩やかな山裾斜面に土を入れ小高くし、石垣と木塀で囲い、渓流の水を取り入れ、澄んだ池を中心にした主庭とその先の借景丘陵を上段の...

高源寺 心字の池

当寺は1575年~1579(天正3~7年)明智光秀が行った丹波攻略最後の年に全山焼き討ちされ、1790年(寛政2年)寛政の改革が行われていた...

高源寺(雪舟庭)大痩嶺

方丈の西南に雪舟庭がある。古代より信仰される岩戸山(日室ヶ嶽)頂上とスサノオが一宿したと伝わる(西の比叡山と称される)圓教寺の開山堂中心を結...

圓光寺 十牛之庭

近代庭園に多く見られる多くの樹木の葉の間から苔面に零れ落ちた太陽光を楽しむ庭だが、十牛図の故事を画いたせいか、近代の作品と思えない深みがある...

金福寺(こんぷくじ)

本堂から庭を見ると地勢に合わせ大刈込がなだらかに下り、その先に少し見える山影を意識しているので借景庭園だったことが見て取れる。現在は周囲に多...

大濠公園日本庭園

借景山がないが大量の水を流す瀧があり、瀧水が池となり、川となって大濠池へと流れて行く。風が通る松並木に白砂が敷かれ水の流れのような雰囲気が作...

常栄寺 南溟庭

1968年(昭和43年)本堂の東南に重森三玲が庭を作った。重森三玲の作品は遥拝と神佛の通り道を意識し、日本帝国陸軍の戦いに関連しているものが...

常栄寺 雪舟庭

雪舟は応仁の乱が起きた1467年(応仁元年)明に渡航、約2年間、水墨画を研究し、天童寺(天童山景徳禅寺)で「四明天童山第一座」の称号を得たの...

友泉亭公園

維持費用がかかる大名庭園を藩内に持たない福岡藩だったが、1754年(宝暦4年)6代藩主、黒田継高が隠居屋敷として友泉亭を建立した。藩主は農民...


Warning: file_put_contents(): Only -1 of 79 bytes written, possibly out of free disk space in /home/tankenteien/www/wp/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/common.php on line 14190