無鄰菴

七代目小川治兵衛の庭は平安神宮神苑、高瀬川二条苑、無鄰菴、桜鶴苑、楽々荘、慶沢園、仁和寺庭園の改造した部分を鑑賞しただけなので断言できないが...

旧赤松家(磐田市)

フランス積の赤レンガ造りの門手前、大木に育ったクスノキが威厳を放っている。壁塀は赤レンガだけではなく三和土(たたき)技法を用いて作ったブロッ...

丈山苑(安城市)

中心建屋、詩仙閣は西北西に当苑がモデルとしている(京都)詩仙堂(丈山寺)を、北北東に(飛騨)位山頂上を遥拝している。遥拝先の(京都)詩仙堂は...

尚古荘(西尾市)

西尾城、東の丸遺構を利用した庭なので、高台の東屋から街並みと山が良く見える。江戸時代、藩主が水田を眺め、農民と心の交流をしていたことが偲ばれ...

華蔵寺(西尾市)

河内源氏の血筋、吉良義央(吉良上野介)の曾祖父、吉良義定が本寺を創建したが、経蔵、梵鐘、庭、多くの宝篋印塔墓は吉良義央(上野介)が建立した。...

岡崎城

徳川家康ゆかりの寺社(7) 見せる城ではなく、歴戦の各武将が山城攻略で苦しんだ経験を盛り込み、戦いに備えるため、あちこちに仕掛けを設け、改...

大樹寺(岡崎)

徳川家康ゆかりの寺社(6) 1560年6月(永禄3年5月)桶狭間の戦い後、松平元康(以下、徳川家康)は水野信元の手引きで当寺に逃げ込み自害...

臨済寺 山門前庭

徳川家康ゆかりの寺社(4) 清見寺と同じく、江戸時代に復元された家康手習いの間があるが、一般拝観できる伽藍と山門前庭のみ拝観した。駿府城公...

清見寺(せいけんじ)

徳川家康ゆかりの寺社(3) 清見寺HPに「最初の築庭には徳川家康の意向が入れられ、江戸時代初期に山本道斎によって作られたといわれている」。...