東南寺・坂本城跡

先の記事に書いたが(黒井城下)興禅寺の堂宇が落成したのが1626年(寛永3年)、興禅寺には大神山神社奥宮と当寺境内の地蔵菩薩像を結ぶ神佛の通...

黒井城・興禅寺(丹波市)

黒井城のふもと興禅寺は戦国時代に生まれた春日局の生誕地と伝わるが、明智光秀と赤井直正が戦った黒井城と興禅寺に戦国の雰囲気はなく、洗練された女...

竹林院群芳園(吉野)

細川忠興とガラシャの子孫繁栄祈願庭 ロープウエイ吉野山駅から下千本エリアを歩き始め、下千本の終わりくらいに金峯山寺があり、中千本エリアに吉...

柴田氏庭園(甘棠園)

故事「棠(やまなし)の愛」から甘棠園(かんとうえん)と命名され、「立派な為政者に対し深い愛情と敬意を捧げること」の意味通り、書院は南北朝を統...

金剛院(舞鶴市)

礼拝石に正座し擬人化された須弥山石(庭中心石)を拝む庭で、築山頂上の須弥山石(庭中心石)は多くの擬人化された石を従えている。築山と礼拝石の間...

明智神社

明智光秀の躍進(3) 明智神社は足利義昭の朝倉一乗谷における御所だった安養寺跡まで直線2.3㎞の地点にある。旧朝倉街道を通り抜ければ安養寺...

称念寺(坂井市)

明智光秀の躍進(2) 1556年(弘治2年9月)明智光秀は明智荘を離れ、身ごもっていた妻と一族の者十人余りを連れ、越前の称念寺住職を頼り逃...

明智荘

明智光秀の躍進(1) 明智光秀の生誕地と伝わる(可児市)明智荘の天龍寺・明智城跡を訪れた。1625年(寛永2年)伝龍寺跡に建立したと伝承さ...

柏原藩陣屋跡

(前期)柏原藩は信長の弟、信包から始まり52年続いたが(孫)3代藩主、信勝に男子なく1650年断絶、天領となっていた。1695年(元禄8年)...